家計管理のやり方

【初心者向け】家計管理におすすめの本【この1冊でOK】

f:id:kochichi:20190112125031j:plain

家計管理をしているけど、やり方が正しいのか自身がない。

 

情報もいっぱいあって、どれがいいのか悩む。

 

家計管理を体系的に学べる本はないのだろうか…

 

こんな疑問に答えます。

 

本記事の内容

・家計管理に必要な知識が身につく本を1冊紹介します。

・家計管理の能力をあげるためには、何をすべきか説明します。

 

 

ぼくはお金系の本を読むことをライフワークとしており、昨年はkindleで買った本だけで30冊ほどありました。

 

これ以外にも、prime reading、kindle unlimitedや図書館使って本を読んでいましたので、少なくとも60冊は読んでいますね。

 

そんな中から、おすすめの家計管理本を1冊選んで紹介しますので、買って後悔するということはないと思います。

 

家計管理の能力を高めたいという人は、ぜひ読んでみてください。

 

 

 

家計管理におすすめの本

家計管理本でおすすめは「毒舌うさぎ先生の頑張らない貯金レッスン」です。

たくさんの本を読む必要はなく、この1冊を初めに読めばOKです。

 

 

 

漫画と絵が多く分かりやすい

お金の本って難しい単語も多く、正直読みづらいものが多いです。

 

家計管理でやることは、入ったお金と使ったお金を記録するだけなんですが、それを専門用語で難しく書かれてたりします。

 

しかし、この本は可愛い絵での図解や、漫画が挿入されていて、かなり読みやすいです。

 

読みやすいからといって、内容が薄いということもありませんので、心配せずともOKです。

 

 

家計管理の方法が網羅されている

家計は次の流れを繰り返すことで、改善していきます。

 

 

①家計の目標設定

②現状把握(家計簿を付ける)

③支出のチェック

④無駄を改善する

 

 

家計管理に必要となる、この一連の流れのやり方が、詳しく書いてあります。

 

 

色々なやり方を試すのは効率が悪い

ぼくは多くの家計管理本を読んで、それぞれいいなと思ったところをいいとこ取りして、オリジナルな手法で家計管理をやってきました。

 

正直言うと、これはかなり遠回りでした。

 

今の方法はというと、紹介した本に書いてあるような、ただ手書きで家計簿を付けるという超スタンダードな方法に落ち着いています。

 

裏技的な方法はないか、と探し回っていたわけですが、ハッキリ言って時間の無駄でしたね。

 

貯金に王道はなく、ひとつの方法で、淡々と続けていったほうが効果は高いです。

 

  

家計管理の能力をあげるには 

本を読んで、知識を身に付けただけでは、家計は改善していきません。

 

家計管理で大切なのは、継続することです。

 

家計がうまく回っていないという人は、少なくとも3ヶ月ここにある方法に従って、家計管理を継続してみましょう。

 

継続するためのコツは、優先順位を上げることですね。

 

帰ったらすぐ家計簿に記入する、それが終わるまで何もしない、くらいまで優先順位を上げれば続けることができるかと思います。

 

ぼくの場合は、ご飯、お風呂、家事育児が完了してからのファーストタスクにしています。

 

平日の支出はほとんどないですし、あったとしても1行くらいですから、記入は1分かからず終わります。

 

机の上に常に家計簿を置いておくと、家計簿にアクセスするハードルが下がるので、おすすめです。

 

継続のコツは家計管理が続かないのはなぜか。4年家計簿を続けているぼくが、続ける方法を教えます。に書きました。

 

あと、ぼくも使っている、おすすめの家計簿を紹介しておきますね。

  

 

まとめ

・家計管理本は「毒舌うさぎ先生の頑張らない貯金レッスン」がおすすめ

・お金の本は専門用語が多く取っつきづらい。この本は漫画と絵が多く、読みやすい。

・家計管理に必要な情報が体系的にまとめられているので、1冊でOK。

・自己流は効率が悪い。ひとつの方法を信じて継続しよう。

・家計を改善するためには、家計管理を継続すること

・家計管理を継続するコツは、家計簿を付けることの優先順位を上げる。

・家計簿はすぐに手に取れるところに置いておき、付けるハードルを下げる。

 

2019年は一緒に貯金力上げていきましょう。

 

それでは。